中村倫也、グダグダ挨拶に自虐「こんなゆるいの、見たことあります? 記者の皆さん」(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:とりとめのないトークが展開

[映画.com ニュース]今村昌弘氏のデビュー作で「第18回本格ミステリ大賞」小説部門の大賞に輝いたミステリー小説を映画化した「屍人荘の殺人」のヒット御礼舞台挨拶が12月23日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、主演の神木隆之介、共演する浜辺美波と中村倫也が出席した。

【フォトギャラリー】「屍人荘の殺人」ヒット御礼舞台挨拶の模様

 24日に33歳の誕生日を迎える中村を祝おうと、神木と浜辺はそれぞれ「声がいい、いつも楽しませてくれる、面倒見がいい、お芝居がとてもすてき、いい匂い」(神木)、「話がうまい、イケメン、スタイルがいい、モテる甘い何かがある、いつもうるおいがある」(浜辺)と中村の“いいところ”を発表。とりとめのないトークの展開に、当の中村は「ケーキが出てくるわけでもなく、何ともハンパなサプライズ。これ、どうやって締めるの? こんなゆるいの、見たことあります? 記者の皆さん……」とグダグダな挨拶に自虐で笑いを誘っていた。

 ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲(神木)が、先輩でミステリー愛好会会長の明智恭介(中村)、同じ大学に通う私立探偵の剣崎比留子(浜辺)とともに密室殺人事件に挑む。12月13日に全国311スクリーンで封切られ、公開10日間で動員35万人を突破している。

 現在舞台に出演中の神木は、「共演する阿部サダヲさんが、明日見てくると言ってくれた。たぶん、今日見てくれている」と笑顔で報告。「こうしてヒット御礼で、皆さんに集まっていただき、うれしさを噛みしめている。いいクリスマス、いい年末年始を過ごしていただければ」と感謝と気づかいを見せていた。

 神木自身は「クリスマスはあんまり思い出がない。現場にいることが多いので」。それでも「クリスマスソングを聞きながら、町を歩きたい」と願望を語り、「やっぱり、マライア・キャリーですよ。あれ(恋人たちのクリスマス)はすごく盛り上がる」と話していた。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。