中川大志、北村匠海との共演に感慨「小学生の頃から一緒にレッスンを受けていた」(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

竹宮ゆゆこ氏の小説を映画化した「砕け散るところを見せてあげる」の完成報告舞台挨拶が3月1日、都内で行われ、主演の中川大志、石井杏奈をはじめ、井之脇海、松井愛莉、北村匠海、矢田亜希子、原田知世、堤真一、SABU監督が登壇。同じ事務所であり、長い付き合いだという中川と北村は、それぞれ共演できた喜びを語った。

【フォトギャラリー】登壇した中川大志、石井杏奈、北村匠海らの模様

 高校生の濱田清澄(中川)は、“学年一の嫌われ者”と呼ばれて孤立していた蔵本玻璃(石井)を、いじめの手から救い出そうとする。清澄は玻璃の愛らしさと心の美しさに気づき、玻璃は清澄に感謝と憧れの思いを抱き、2人は距離を縮めていく。しかし、玻璃には誰にも言えない秘密を抱え、清澄にも恐るべき危険が迫っていた。

 清澄の息子・真っ赤な嵐を演じた北村に対して、中川は「同じ事務所で、小学生の頃から一緒にレッスンを受けていた仲。匠海とちゃんと作品で一緒になることはなかったので、自分の主演の作品に匠海が出てくれたのはすごく嬉しかったです」と喜び、北村も「クランクアップの日に参加したのですが、(主演の)2人が作り上げてきた現場の空気がすごく良くて、そこに溶け込むように自然な流れで演じることができたので、いい現場だったんだなって思いました」と同じ作品に出演できた思いを語り、「同世代として主演の2人を誇りに思いました」と中川、石井の熱演を称えた。

 SABU監督の長編デビュー作「弾丸ランナー」に出演し、18年ぶりにSABU監督と仕事をしたという堤は、以前とは違うスタッフの数に驚いたそうで、「偉くなったな」と茶化し、「SABUの作品は友達として厳しく見てしまうけれど、この作品は(主演の)2人に見入りましたね」と絶賛。

 共演者たちのコメントを聞いた石井は「好きな役者の皆さんの言葉が嬉しくて、今日役者を仕事にして生きていてよかったなと、幸せに思っています」と噛み締め、「この作品の撮影が終わった後、抜け殻のような状態になったくらい全力を尽くした作品です」とアピール。中川も「自分にとって大切な作品。宝物になるような映画」、SABU監督は「自信しかない作品」と手ごたえをにじませていた。

 「砕け散るところを見せてあげる」は4月9日に東京・新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。