両親は誘拐犯と被害者…デイジー・リドリーが新作スリラーに主演(映画.com)

出典元:映画.com

「スター・ウォーズ」シリーズのレイ役で知られる女優デイジー・リドリーが、新作「The Marsh King's Daughter(原題)」に主演することがわかった。「リミットレス」「ダイバージェント」のニール・バーガーが監督を務める。

 米Deadlineによれば、本作はカレン・ディオンヌ著の同名小説を映画化する心理スリラーで、「レヴェナント 蘇えりし者」のマーク・L・スミスとエレン・スミスが脚色した。リドリーが演じるのは、一見、夫や子どもと普通の生活を送っている主人公ヘレナ。しかし、実は彼女は誘拐監禁された母と犯人との間に生まれ、12歳のときに脱走し、誘拐犯である父は逮捕されたという秘密があった。しかし、父が脱獄したという知らせを聞き、ヘレナは自分の家族を守るために過去と向き合うことになるというストーリーだ。本作は、2018年頃に映画化が企画され、当時は監督にモルテン・ティルドゥム(「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」)、主演にアリシア・ビカンダーの名前が挙がっていた。

 バーガー監督、リドリー主演の新作「The Marsh King's Daughter(原題)」はブラック・ベア・ピクチャーズ、アノニマス・コンテントが製作。今夏、カナダでクランクインが予定されている。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。