リメイク版「オズの魔法使い」監督に「ウォッチメン」演出家(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

米ニューライン・シネマが準備中の新「オズの魔法使い」の監督に、テレビドラマ「ウォッチメン」の演出を手がけたニコール・カッセルが起用されたと、米Deadlineが報じている。

 同作は、ファンタジー作家ライマン・フランク・ボームによる「オズの魔法使い」(The Wonderful Wizard of Oz)の新たな映画版。「トワイライト」シリーズや「メイズ・ランナー」シリーズで知られるテンプル・ヒル・エンターテイメントが制作を手がける。

 1900年に刊行された「オズの魔法使い」は、13本の続編小説を生みだしたほか、ミュージカル劇を経て、「オズの魔法使」(1939)として映画化された。同作は、ファンタジー映画の金字塔として知られており、原作がパブリックドメインとなっていることから、数多くの映像企画が進行中だ。

 ニューラインが準備中の新「オズの魔法使い」に関しては、親会社のワーナー・ブラザースがミュージカル映画版「オズの魔法使」を手がけていることから、同作の要素を自由に取り入れることができるというメリットがある。

 監督に起用されたカッセルは、インディペンデント映画「The Woodsman(原題)」で映画監督デビューを果たしたのち、「THE KILLING 闇に眠る美少女」「SUITS スーツ」「ジ・アメリカンズ」「ベター・コール・ソウル」「LEFTOVERS 残された世界」「ウエストワールド」といった人気ドラマの演出家として活躍。アラン・ムーアとデイブ・ギボンズによるグラフィックノベルの金字塔をドラマ化した「ウォッチメン」では、全9話のうち1話、3話の演出を担当。同作はエミー賞で最多11冠に輝いている。

 なお、新「オズの魔法使い」に関しては、ダーレン・レムケ(「シャザム!」)らが執筆した草稿がある。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。