マーベルがマイルズ・モラレス/スパイダーマン10周年記念の新コスチュームを公開!(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

マーベル・コミックスは今夏に初デビューから10周年を迎える「マイルズ・モラレス/スパイダーマン」に最新のコスチュームを贈った。
本日、マーベル(Newsarama経由)がマイルズのアップデートされたコスチュームを明かし、次号となる「Miles Morales: Spider-Man」の30号で新しいスーツがデビューする。 以下の画像でカバーアートをチェックしよう。

マイルズの新しいスーツは彼のトレードマークである赤と黒の配色を維持しているが、多くの点が変更されている。ピッタリとフィットするスパンデックスではなく、ほとんどジャージのようなルーズなスーツに変更され、スーツと色がマッチしたスニーカーを履いている。これはアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』へのオマージュだと思われる。
それを念頭に置くと、新コスチュームがマーベルのコミックス版「スパイダーマン」のベテランである、チェイス・コンリーによって生み出されたことは驚きに値しない。 以前にコンリーは、アニメシリーズ『アルティメット・スパイダーマン』やビデオゲーム『Marvel's Spider-Man』などにも参加していた。
「Miles Morales: Spider-Man」の30号は、長年にわたってキャラクターに取り組んできた複数のクリエイターが手掛けた新たなストーリーをフィーチャーしている。レギュラー・ライターのサラディン・アーメドとアーティストのカルメン・カルネロに加わったのは、「Miles Morales: Spider-Man」の共同クリエイター&アーティストのサラ・ピチェリ、『スパイダーマン:スパイダーバース』でプロデューサーを務めたフィル・ロードとクリストファー・ミラー、そして『Spider-Man: Into the Spider-Verse 2(原題)』で共同監督を務めるケンプ・パワーズだ。残念ながら、「Miles Morales: Spider-Man」のもう一人の共同クリエイター&ライターのブライアン・マイケル・ベンディスは、現在DCコミックスと独占契約を交わしているため参加しないとみられている。

この記念すべき号は、2021年9月18日にアメリカで発売開始され、さらにマーベルは、9月に他のタイトルのためにマイルズをテーマにした別の表紙をいくつか出版する予定だ。
このニュースは、現在、コミックスリシーズが新しいクローン・サーガの渦中にあるときに報じられた。「Miles Morales: Spider-Man」の25号で明かされたように、クローン・サーガではマーベル・ユニバースの周りをうろつく、マイルズの謎のクローン3人が登場している。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。