ホラー版“ホーム・アローン”!? お留守番中の2人を襲う恐怖『ベター・ウォッチ・アウト』公開(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

留守番を任された少年とベビーシッターの2人を襲う恐怖を描くホラー映画『ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者』が、12月4日より公開されることが決定。併せてビジュアルと場面写真が解禁された。

【写真】謎の不審者が2人を襲う!『ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者』フォトギャラリー

 ホラー版“ホーム・アローン”とも称される本作。北米最大のジャンル映画祭であるファンタジア映画祭2017の観客賞部門でBest European/North-South American Feature賞を受賞したほか、世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2017では最高位の最優秀作品賞を受賞した。日本ではNetflixで先行配信され(現在は配信終了)、その面白さが話題に。一切の前情報をシャットアウトして観ると最高に楽しめる、事前の“ネタバレ”厳禁映画とされている。

 主演はM・ナイト・シャマラン監督作『ヴィジット』(2015)でデビューした女優オリヴィア・デヨングと、ジョー・ライト監督作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(2015)でピーターパン役に抜てきされ注目を浴びたリーヴァイ・ミラー。そのほか、『ワイルドライフ』のエド・オクセンボールド、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のビリー役で知られるデイカー・モンゴメリー、ベテラン女優のヴァージニア・マドセンらが共演する。

 クリスマスも近いある日。アシュリーは、ベビーシッターのアルバイトでルークの家を訪れる。もうすぐ13歳のルークは年上のお姉さんであるアシュリーに興味津々。ルークはアシュリーの興味をひこうとするが、彼氏との別れ話で頭がいっぱいのアシュリーは子どものルークに興味が持てない。そんな中、アシュリーに不審な電話がかかってくる。家の外には不審者の影。アシュリーは年下のルークを守ろうとするが…。

 ビジュアルは、クリスマスに向けて華やぐ家に迫る恐怖をイメージしたホワイト・クリスマス・バージョンと、拘束され宙づり状態のヒロインを描いた緊張感漂うブラッディー・クリスマス・バージョンの2種類。どちらのビジュアルにも「とびきり、いかれた奴がやってくる!」という刺激的なコピーが添えられている。

 場面写真には、アシュリーが鬼気迫る表情で銃口を前に向ける姿や、顔や首に血が付いた状態で拘束されている姿のほか、不審者に見つからないようドアの影に隠れるアシュリーとルークを捉えた場面などを収めている。

 映画『ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者』は12月4日より全国順次公開。

コメントは受け付けていません。