ホアキン・フェニックス、「ミッドサマー」アリ・アスター監督新作に主演(映画.com)

出典元:映画.com

「へレディタリー 継承」「ミッドサマー」のアリ・アスター監督の新作「Disappointment Blvd.(原題)」に、ホアキン・フェニックスが主演することがわかった。

 米Deadlineによれば、「ジョーカー」(2019)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したフェニックスが、次の作品として2020年末よりアスターの新作を検討。その後、正式に主演が決定してから、各社がプロデュースに興味を示し、アスターの前2作を手がけたA24が製作権を獲得したという。

 「Disappointment Blvd.(原題)」はアスターが脚本を執筆。プロットは明かされていないが、史上最も成功した起業家のひとりに焦点を当て、その数十年にわたる姿に迫る作品のようだ。

 フェニックスは、リドリー・スコット監督がフランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトを題材に描く伝記映画「Kitbag(原題)」にも主演が決まっているが、先にアスター監督作の撮影に入ると見られている。スコット監督は現在、新作スリラー「Gucci(原題)」を準備中のため、「Kitbag(原題)」は2022年に撮影スタートになる見込みだ。

 フェニックスは、「Disappointment Blvd.(原題)」がオスカー受賞後初の出演作になるが、次の公開作は2019年に撮影済みのA24製作、マイク・ミルズ監督・脚本のロードムービー「C’mon C’mon(原題)」となる。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。