フミカ主演、いまおかしんじ監督「農家の嫁は、取り扱い注意!」エッチで泣けるアクションコメディ1週間限定公開(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

人気グラドルのフミカが演技初挑戦&初主演し、お色気シーンやアクションに挑んだ映画「農家の嫁は、取り扱い注意!」が、4月2日からヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマロサで1週間限定公開される。

 映画はPart1「天使降臨篇」、Part2「有機ある大作戦篇」の2話からなり、フミカ演じる元警官&極真空手有段者の“最強の嫁”が世のため、人のためにひと肌脱ぎまくるアクションコメディ。

 共演はVシネでお馴染みの石橋保、日活ロマ ンポルノの代表的な女優として多くの傑作を生み出してきた宮下順子。監督は昨年公開された「れいこいるか」が「映画芸術 2020年日本映画ベストテン」第一位を受賞した、いまおかしんじ。

 農家の嫁である瑠美(フミカ)は、夫の優作(石橋保)と姑と3人暮らし。夫は夜の営みに消極的で、最近の唯一の気晴らしは近所に住む友達とスナックでカラオケを歌ったりおしゃべりしたりすることだった。ある時、そのスナックで老婦人・駒田貴和子と知り合う。貴和子は東京で働いている息子・義孝が会社の金を横領した穴埋めの金を建て替えようと奔走していた。話を聞いていた瑠美たちはオレオレ詐欺だと勘づき、詐欺師を退治しようと動き出す……。

▼フミカといまおか監督のコメント全文
フミカ
モデルとグラビアで活動してきた私の初演技、そして初主演作。私の初めてがたくさん詰まった作品です。ちょっ ぴりエッチな農家の嫁が、10歳まで習った極真空手でフミカキックを繰り出します! グラビアで出し切ってきたように、この作品でも私に出来る精一杯をやり切りました!! 私の初挑戦、お楽しみください。

いまおかしんじ監督
「スーパーヒーローになりたくて始めた空手は、10歳で挫折」というナレーションを書いた時、この映画が見えた 気がした。うまくいかない人たちの話だ。実際フミカさんは、10歳まで極真空手をやっていたらしい。やめた理由 は「やっぱり殴られると痛いじゃないですか」でした。フミカさん、最高です。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。