ビートルズが映画『Get Back』公式本出版、『レット・イット・ビー』の真実が明らかに(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

2021年に公開延期になったビートルズの新作映画『The Beatles: Get Back』に合わせて、公式ブックが出版されることが明らかに。アルバム『レット・イット・ビー』を生んだ1969年の収録風景から「未公開の写真数百枚」を掲載した240ページのハードカバー。その気になる内容は?

【動画を見る】映画『Get Back』公式ブックの告知トレイラー

アルバム『レット・イット・ビー』、および同名のドキュメンタリー映画の制作舞台裏を描いたピーター・ジャクソン監督による待望のドキュメンタリー『The Beatles: Get Back』の公開日が、2021年8月に延期された。ショックを少しでも和らげようと、ビートルズは映画公開に合わせた公式ブックの出版を発表した。

2021年8月31日――映画公開日のちょうど4日後――に出版予定の240ページのハードカバーブックには、のちに『レット・イット・ビー』を生む1969年のレコーディング風景から「これまで未公開だった数百枚の写真」を掲載。映像から拝借した写真もあれば、リンダ・マッカートニーとイーサン・A・ラッセルが撮影したスナップ写真も収められている。大部分は、レコーディング中に行われた伝説の屋上コンサートの写真で占められる予定だ。

ビートルズに関していえば、『Get Back』公式ブックには数百時間におよぶ撮影フィルムから新たに抜き出したメンバーのコメントが掲載される。出版元のCallaway Arts & Entertainment社によれば、こうしたコメントから「『レット・イット・ビー』収録舞台裏の真実が明らかになるだろう」とのことだ。

『レット・イット・ビー』は、もともと『Get Back』というタイトルがつけられ――前作までの実験的作品から一歩離れて、初期のレコーディングのようなスタジオライブの手法に立ち返ろうとする姿勢を表している――トゥイッケナム・フィルム・スタジオで3週間にわたり、レコーディング風景を撮影することになっていた。だが結果に満足できなかったバンドはプロジェクトをいったん保留。代わりに『アビー・ロード』の制作に取りかかった。1970年5月、アルバム『レット・イット・ビー』と同名のドキュメンタリー映画がようやく日の目を見たときには、ビートルズはすでに解散していた。ドキュメンタリーに収められている緊迫した雰囲気は、いわばビートルズの墓標となった。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。