バイデン大統領、メキシコ国境の壁建設を中止「税金を今後使うことは一切ない」(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

バイデン新大統領は現地時間の2021年2月11日、米議会にトランプ前大統領による2019年の国家非常事態宣言を無効にすることを告げた。当該の非常事態宣言は、トランプが愛してやまなかったメキシコとの国境の壁建設計画への予算を増強する目的のものだった。

【画像を見る】トランプ前大統領が偏愛、謎の女性記者とは?

ナンシー・ペロシ下院議長へ向けた書簡によると、バイデン大統領は「メキシコとの国境に関する非常事態宣言を無効にすることを決定した」、「また、アメリカ国内の納税者たちの税金は、今後一切壁の建設には使わないとすることが私の政権運営の方針となる。そして、これまで壁の建設に充てられたあらゆるリソースを再び精査することを報告する」ことを約束した。同書簡は「これによって議会には、当該の非常事態宣言は抹消することを報告し、政府は今後、メキシコとの国境における壁の建設を一切行わない」と締められている。

当該の非常事態宣言はトランプが、財務省から6億ドル、国防省から61億ドルの資金を壁の建設に流用することを可能にするものだった。

そして2020年2月、トランプ前大統領は非常事態宣言の内容を更新した。そこには、さらに追加で38億ドルの税金を壁建設に転用し、メキシコにその補償を行わせるといった内容が盛り込まれたが、それはトランプお得意の嘘であった。トランプの壁建設への要求は2018年終盤から2019年初めまでの間、政府を部分的に機能不全に陥らせた。その後、議会がこの予算案を拒むと、トランプは非常事態宣言を出し強行採決を行なったが、この際に当時のバイデン大統領が共和党員らから非難を受けたことは忘れてはならない。

バイデン大統領は、大統領就任初日に壁の建設中止に意欲を示した。また2月初めには、トランプの反移民政策に対して専門の調査団を組織することで、親と離れ離れになった子どもたちを救済する措置を行うことも発表している。

しかし、新型コロナウイルスの影響により、ホワイトハウス報道官のジェン・サキが言うところの「人道的な」プロセスに則った委員会が組織されるまで、少なくともバイデン大統領はメキシコからの亡命希望者を送還するトランプ前大統領の政策を続けざるを得ない状況にある。サキは2月10日(水)、「国境にいる人たちの大半は送り返されている」、と記者に告げた。

アメリカとメキシコの国境地帯の軍事化はトランプの下で始まったわけではない。ニクソン、クリントン、ブッシュと、数十年にわたる各政権でこうした政策が取られていた。そしてトランプ政権の忌むべき有害な政策を経て、「やり直し」のボタンを押すだけではどうにもならなくなってしまった。そして今やっと、スタート地点にたどり着けたと言えるだろう。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。