デヴ・パテル×ベン・ウィショー×ティルダ・スウィントン『どん底作家の人生に幸あれ!』1月日本公開(シネマトゥデイ)

出典元:シネマトゥデイ

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』のデヴ・パテル、『007』シリーズのベン・ウィショー、『ドクター・ストレンジ』のティルダ・スウィントンら豪華キャストが集った映画『The Personal History of David Copperfield』の邦題が『どん底作家の人生に幸あれ!』に決まり、2021年1月22日より日本公開されることが明らかになった。

変人がいっぱい!『どん底作家の人生に幸あれ!』フォトギャラリー

 『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督が、文豪チャールズ・ディケンズの自伝的要素が強い小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化した本作。主人公デイヴィッド役をデヴ、敷地へのロバの侵入を絶対に許さないデイヴィッドの風変わりな伯母役をティルダ、デイヴィッドに爬虫類のように付きまとう奇妙な世話係役をベンが務めるほか、テレビドラマ「ドクター・フー」のピーター・キャパルディ、「Dr.HOUSE -ドクター・ハウス-」のヒュー・ローリーら豪華英国人キャストが勢ぞろいし、デイヴィッドと愛すべき変人たちとの数奇な物語を紡いでいる。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。