デジタル雀士が4人集まったら愉快な仲間になった話 石橋伸洋「95%は麻雀の話」瑞原明奈「雑談もちょっと増えてきた」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:石橋伸洋

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」において、デジタル雀士4人が揃ったという特徴を持つのがU-NEXT Piratesだ。小林剛(麻将連合)、朝倉康心、石橋伸洋、瑞原明奈(いずれも最高位戦)は、オンライン麻雀「天鳳」でも活躍してきた雀士ばかり。そもそも「麻雀」という大きな共通点がある上に、それに対する向き合い方、考え方が似ていれば、話が弾まないわけがない。石橋が「95%は麻雀の話」という中、紅一点の瑞原は「雑談もちょっと増えてきた」とニッコリ。4人の関係性について深堀りしてみた。

【映像】瑞原明奈がオーラスで貴重なアガリ

 昨期は、デジタル派の男性選手3人で戦ったU-NEXT Pirates。今年は新戦力・瑞原を加えて、2年目のシーズンで奮闘している。チーム順位こそアップダウンがあるが、ファンの数は確実に右肩上がり。ファン向けのコンテンツとして人気となっているが、チームの公式Twitterアカウントで公開されている「路上感想戦」だ。

 石橋 路上感想戦、楽しいですよ。僕が麻雀を続けてきたのも、正解が分からないものを追求していくというのがすごく楽しいからで。その点で意見交換をするというのは、楽しいことだと思います。

 他のコンテンツに例えるなら、「リアル脱出ゲーム」の謎解きにチーム全員で挑戦するようなものだろうか。なお、あの路上感想戦は、配信コンテンツ用だけに行われているわけでもなく、収録外でも試合会場から帰る際、普段から行われている“日常”だ。

 あの様子が日常であれば、チーム内の会話も麻雀ばかりなのか。石橋に聞くと、当然のようにこう答えた。

 石橋 そもそも麻雀以外の話をしないので。95%は麻雀の話で、5%は僕の子供の話ですかね。麻雀の話よりウケないんですけど(苦笑)。あとは朝倉家のこととか。瑞原さんは、あんまり家のことは話されないかな。小林さんに結婚の話を切り込んだこともないですね(笑)あまりプライベートの話はしたがらないし、あるのかないのかもわからない。小林さんは甘いもの食って、麻雀の話をしています。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。