ツタロックでグランプリ獲得 2020年注目の大阪出身幼馴染バンドPULPSとは?(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

大阪府・八尾市出身の幼馴染みで結成された4人組バンド、PULPS。ツタロックオーディション2020、Battle de egg2020と立て続けにグランプリを獲得してきた彼らの初全国流通盤となるミニアルバム『the the the』が2020年10月7日にリリースされる。

注目の大阪出身幼馴染バンドPULPS

UKロックの影響と、どこか懐かしいフォークロックの要素をまとった音楽性が幅広く包括された意欲作。本作リリースに伴いバンド名も南蛮キャメロからPULPSに改名。まさに新たなスタートを切ろうとしている彼らにインタビューを敢行。メンバーの出会いやバンド結成の経緯、音楽的バックグラウンドから本作についてPULPSというバンドの魅力を訊いた。

ー初めに、皆さんの出会いやバンドを組んだきっかけを教えてください。

田井彰(Gt./Vo. 以下、田井):僕は幼稚園の時からピアノをやっていたんですけど、中学1年生の時にクイーンに出会って。ピアノ弾きながら歌ってるフレディ・マーキュリーの姿をたまたま見て、バンドを始めようと思いました。メンバーとは皆小学校からの幼なじみで、中1の時に同じクラスだったあんちゃん(Gt)にクイーンに出会った喜びを伝えて。あんちゃんにも好きな音楽とかも共有して、ギターを始めてもらって。中学3年の時に文化祭で地本がドラムを叩いてるのを見て、一生にやろうって声をかけて3人でコピーをやるようになりました。

あんちゃん(Gt.):中学一年の時に、田井に急に「あんちゃん将来何になりたい?」って聞かれて。田井は運動神経もいいし勉強もできてたのに、急にミュージシャンになりたいって言われてびっくりしましたね。僕自身は、田井にミュージシャンになろうって言われるまで全く音楽に興味がなかったんですけど、クイーンを聴かせてもらってギターを始めて、そこから色々な音楽を聴くようになりました。

大石悠人(以下、大石):田井とあんちゃんとよく遊んでたんですけど、ある日2人がギターを弾いてるのを見て、こんなに上手くなれんねやと思って、高校入学をきっかけに僕も軽音部に入って。当時はギターを始めたんですけど、彼らが初ライブをするにあたってベースがおらへんからということで、ライブ1ヶ月前にベースを弾くことになって。そのままバンドを結成したという流れですね。

地本航(Dr.以下、地本):僕は中学3年の時に野球部を引退してやる事がなくて。勉強もしたくないし。ゲームセンターで太鼓の達人とか得意だったので、ドラムでもやろうかなと思って。それで文化祭に出てみたら、田井に目をつけられました。

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。