ダイアナ・クラールが「育ての親」トミー・リピューマに捧げたソングブックを考察(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

ジャズ・ヴォーカルの女王、ダイアナ・クラールが3年ぶりのソロ・アルバム『ディス・ドリーム・オブ・ユー』を本日9月25日にリリース。彼女の才能を見出した名プロデューサー、トミー・リピューマとの最後の録音を収録した本作について、ジャズ評論家の村井康司に解説してもらった。

【写真を見る】ダイアナ・クラールが「育ての親」トミー・リピューマに捧げたソングブックを考察

ダイアナ・クラールが、久々にジャズ・スタンダードに全面的に取り組んだアルバム『ターン・アップ・ザ・クワイエット』をリリースしたのは2017年5月のこと。実は発売直前の同年3月13日に、ダイアナを育て上げて『ターン・アップ・ザ・クワイエット』のプロデュースも担当した名プロデューサー、トミー・リピューマが、80歳で急逝したのだった。

育ての親にして最も信頼する音楽的パートナーだったリピューマの死は、彼女にとって非常に大きなショックだったはずだ。『ターン・アップ・ザ・クワイエット』発売時のあるインタビューで、ダイアナは「受け止めるのは、とても辛かった。25年間、仕事をしてきた。あまりに突然、何の前触れもなく亡くなってしまい、それからまだ1カ月しか経っていない。すごく辛いんです」と言って涙を流し続けたという。

それから3年が経過し、彼女はリピューマとの最後の仕事を含めた2016~18年の録音を編集した新作『ディス・ドリーム・オブ・ユー』を発表する。リピューマとの最後の仕事となった「バット・ビューティフル」を1曲目に置き、ジーン・ケリーの映画でおなじみの「雨に唄えば」で幕を閉じるこのアルバムの選曲は、『ターン・アップ・ザ・クワイエット』と同じく、まさに「グレート・アメリカン・ソングブック」というべきもの。

1920~40年代に作られたスタンダードの中に、ボブ・ディランの近年の曲「ディス・ドリーム・オブ・ユー」(2009年の『トゥゲザー・スルー・ライフ』所収)が混じっているあたりがなかなか渋く、『ウォールフラワー』(2015年)のタイトル曲といい、ダイアナはディランの渋い曲を探してくるのが好きなのかもしれませんね。ちなみにこの曲の参加メンバーは、ダイアナのヴォーカルとピアノに、チュアート・ダンカン(フィドル)、マーク・リーボウ(Gt)、トニー・ガルニエ(Ba)、カリーム・リギンズ(Dr)、そしてダイアナの叔父であるランドル・クラール(アコーディオン)だ。

『ターン・アップ・ザ・クワイエット』リリース時のインタビューでは、11曲しか入れられなかったけど、あと26曲ほど録音したマテリアルがある、と語っていたので、今回の12曲のうちのかなりの割合が、リピューマとのセッションでのテイクだろう。参加メンバーも前述のダンカンやリーボウの他、ジョン・クレイトン(Ba)、ジェフ・ハミルトン(Dr)、アンソニー・ウィルソン(Gt)、ラッセル・マローン(Gt)、クリスチャン・マクブライド(Ba)など、ほとんど『ターン・アップ・ザ・クワイエット』と同じだ。

とは言え、この『ディス・ドリーム・オブ・ユー』を聴いたときの印象は、『ターン・アップ・ザ・クワイエット』とはかなり違う。最大の違いは、ダイアナの「声」の近さだ。このことについて彼女はこうコメントしている。「私は(エンジニア、ミキサーの)アル(・シュミット)に、声を少しリスナーに近づけて、これまでとは全く違うバランスを実現できないかと尋ね、彼はそれを忠実に表現してくれました」

リピューマとのコンビで数々の名盤の録音・ミックスを担当してきた名匠アル・シュミットは、1930年生まれ、今年90歳の大ベテラン。シュミットの素晴らしいキャリアに、また一つ特筆すべき成果が付け加えられた、と感じるのは私だけではないだろう。

ダイアナは言う。「この時のセッションで録ったいくつかの音源は『ターン・アップ・ザ・クワイエット』という形でリリースされていますが、『ディス・ドリーム・オブ・ユー』はその枠には当てはまらなかった“別のフレームから見た、全く異なる絵”なのです」

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。