スパゲッティーにカレーを豪快に…常識覆す? 会社員男性の料理に「勇気ある弁当」「蓋閉まらん」(オリコン)

出典元:オリコン

SNSやYouTubeなどで、料理動画やレシピ投稿が人気を集める昨今。コロナ禍で自炊をする人が増えたこともあり、さらに注目度は高まっている。スパゲッティミートソースにカレー、そしてラーメン…銀色のアルミ製の弁当箱に夢のようなおかずを詰めて、「こんなものまでお弁当にしてしまうのか?」と話題の弁当を作るE’さん(@coolgrease_e)は、「俺の弁当」というコメントとともに毎日会社に持っていく弁当の画像を投稿。「美味しさと幸せがあふれそうで素敵」「蓋閉まらんやろぉ(笑)」「勇気ある弁当だな」などと反響が寄せられている。なぜこういった弁当を作ろうと思ったのか、E’さんに話を聞いた。

【写真】豪快…真っ赤なウインナーがぎゅうぎゅうに詰まっている「俺の弁当」

■懐かしさ感じられる“アルミ製の弁当箱”「本当はもっとオシャレなものを作りたい」

 E’さんが作る「俺の弁当」は、ウインナー、からあげ、卵焼き、しょうが焼きといった人気のおかずが、銀色のアルミ製の弁当箱にぎゅうぎゅうに豪快に詰められていて、どこか“懐かしさ”も感じさせる。ツイッターに投稿した動機は特になく、「たまたま作った弁当をあげてみようかなと思っただけ」だという。

「仕事が忙しくて昼食の時間もままならなかったので…お金がかからず、空いた時間でサクっと食べられる弁当は理にかなったものでした。ただ、会社に映えない弁当を持っていくのは、本当に開けるのが恥ずかしくて(笑)。メニューは、あくまでも簡単に作れるものという基準ですね。昼飯なんて腹に入ればいいという考えなので。朝起きたときのインスピレーションです(笑)」

 E’さん自身は“映えない弁当”だと言うが、ナポリタンに半熟の目玉焼きが乗っていたり、肉だけではなく野菜もついていて彩りのバランスが取れていたり、さまざまな工夫が感じられる。「継続していると不思議と義務感が出てきて、今は生活のルーティンとなりました」と弁当作りについて語るE’さんだが、これまでで特に印象に残っているのは、「ウインナーが敷き詰められた弁当」だそう。

「あれは本当におかずが何もなくて、『これでいーや!』って感じで作った弁当なんです。もちろんおいしかったのですが、たくさんの反響にビックリしました。『俺の弁当』にテーマはありません。あくまでも自分の空腹を満たすだけのものですから。本当は…もっとオシャレな弁当を作りたいんですけどね」

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。