スティーヴ・ペリーが語る、エディ・ヴァン・ヘイレンとの「ロック史を変えたかもしれない出来事」(Rolling Stone Japan)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:Rolling Stone Japan

ジャーニーの前フロントマン、スティーヴ・ペリーが彼の人生を大きく変えた、1978年のヴァン・ヘイレンとの合同ツアーを振り返る。また、不名誉なる「ワカモレ事件」や、幻に終わった故エディとのコラボレーションについても語ってくれた。

【画像を見る】追悼エディ・ヴァン・ヘイレン 伝説的ギタリストの勇姿(写真ギャラリー)

 * * *

さる10月6日、スティーヴ・ペリーは一緒に仕事をしていたレコーディングエンジニアから一通のメールを受け取った。そこにはこう綴られていた。「ああ、エディ・ヴァン・ヘイレンだ。信じられないよ」

ジャーニーの前ヴォーカリストには、これが何を言っているのかさっぱりだった。「俺はもうニュースを読むなんてことは止めているんでね」彼は言う。「そこで電話をかけて、どういうことだって訊いたんだ」

癌との長い闘病の末、希代のギタリストがついに亡くなってしまったのだと聞かされて、ペリーの脳裏には即座に1978年の『インフィニティ』ツアーの際、ヴァン・ヘイレンが8週間にわたって彼らの前座を務めていた時のことが甦ってきた。彼はローリングストーン誌に対し電話で、この伝説的なツアーの数々の逸話と、それからデイヴィッド・リー・ロス脱退後の1985年にエディから一本の電話を受け取っていたことを明かしてくれた。それはひょっとするとロックの歴史を根本から変えていたかも知れない出来事だった。以下はペリー本人の言葉。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。