スター・ウォーズ新作映画の制作決定!監督はタイカ・ワイティティ(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:常にポーズが決まっているタイカ・ワイティティ監督 – Steve Granitz / WireImage / Getty Images

『スター・ウォーズ』の新作劇場映画の監督を、映画『ジョジョ・ラビット』や『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティが務めることになった。現地時間5月4日(May the 4th)の「スター・ウォーズの日」に、『スター・ウォーズ』公式サイトで発表された。

【画像】 丸わかり!タイムラインで見る『スター・ウォーズ』シリーズ

 『ジョジョ・ラビット』でアカデミー賞脚色賞を受賞したワイティティ監督は、『スター・ウォーズ』新作映画のメガホンを取るだけでなく、『1917 命をかけた伝令』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共に脚本も執筆する。ワイティティは『スター・ウォーズ』の実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」第1シーズン最終話の監督も務め、好評を博していた(日本ではディズニーデラックスで配信中)。公開日は未発表。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。