ジョン・ボン・ジョヴィが語る、2020年のアメリカと白人であることの葛藤(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

ボン・ジョヴィが通算15枚目のニューアルバム『2020』を10月2日に発表した。アメリカ大統領選が行われる本年の西暦をタイトルとした本作は、当初5月にリリース予定だったが一旦延期し、新型コロナウイルスの感染拡大やブラック・ライヴス・マターなど社会的問題と向き合いながら、ソングライティングの幅広さと深みが際立つアルバムに仕上げられた。かつてなくシビアだった制作背景を、リーダーのジョン・ボン・ジョヴィが明かす。

【画像を見る】1988年のボン・ジョヴィ、「ストーリー性のある」貴重写真

 * * *

ジョン・ボン・ジョヴィはマンハッタンの自宅のオフィスに腰かけていた。彼の肩越しに、背後の窓からニューヨークの摩天楼が見える。手榴弾からポップアート風のフォントで「POWER」の文字がスプレーされているシェパード・フェアリーのシルクスクリーンが、額装されて壁に飾ってある。窓ガラスには1ワールド・トレード・センターが映り込んでいた。

この日は9月11日。58歳の彼はいつものようにフリーダムタワーまで走ってきたところだった。そう遠くない場所では、9.11同時多発テロ事件の19回忌式典にマイク・ペンス副大統領とジョー・バイデン候補が現れるのを待つ人々が国旗を振っていた。あえて白髪を隠さないジョンは、色あせた黒いTシャツ姿で、左手首には時計とスマートウォッチをはめていた。Zoom取材――2020年の常識――のためにコンピュータの画面に身を乗り出し、これまでリリースしたアルバムとは一味違う15作目について語り始めた。

『2020』と題したアルバムは、銃乱射事件(「ロウワー・ザ・フラッグ」)から偽情報(「ブラッド・イン・ザ・ウォーター」)、警察による暴力(「アメリカン・レコニング」)、今も進行中のパンデミック(「ドゥ・ホワット・ユー・キャン」)にいたるまで、世の中の出来事を真正面からとらえている。一部のファンにとってはすんなり受け入れにくいだろう。パーティの定番ソングやパワーバラード、ヘアスプレーの代名詞だった殿堂入りバンドの昔懐かしい姿とはまるで違う。今では新型コロナウイルスについて歌い、バンドリーダーはステージ上で両手を振り上げる代わりに、困窮する人々のための地元レストラン、JBJソウル・キッチンで皿洗いをしている。

「2020年の3月から9月にどんな生活を送っていたのか、きっと誰も忘れられないだろう」。ソーシャルディスタンスやPPE、ワクチンをずばり表現したCOVID-19の曲を書こうと決めた理由について、ジョンはローリングストーン誌にこう語った。「スペイン風邪の再来さ。だが誰一人、君も俺も、親世代も100年前にはまだ生まれてなかった。あの時の状況が今起きている。これは肩パッドやヘアスタイルの曲じゃない。いまの時代をとらえた曲なんだ」

数あるバンドの中でも労働者階級色の強いジョンは、荒涼とした「アメリカン・レコニング」で警察の暴力や人種間の不平等にあえて深く踏み込んだ。当初は「I can’t breathe」(息ができない=ブラック・ライヴズ・マター運動と関連付けられるスローガン)というタイトルだったが、31年間連れ添った妻のドロシアに聞かせたところ、レコーディングするには物足りないと忠告された。何度も手直しを加えてバンドに聞かせたが――メンバーの反応にも驚かされた。

ジョンは白人の特権(White Privilege)、間違って解釈されたコリン・キャパニックのメッセージ、社会問題に鋭いメスを入れる彼にいら立つファンについて、包み隠さず語ってくれた。「奴は口うるさいから、あいつらのレコードは焼いてしまえ、なんて心無いことをいう人は……結局、最初から俺たちのことを好きじゃなかったのさ」

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。