サバイバル要素が強調されたオープンワールドファンタジーRPG『Outward』の日本語版が今冬に発売決定!(IGN JAPAN)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:IGN JAPAN

DMM GAMESは『Outward』の日本語版を今冬に発売するとアナウンスした。プラットフォームはPS4/Xbox One/PCで、PC版はDMM GAME PLAYER向けに発売される。価格はPS4/Xbox One版の価格は7678円(税込)で、PC版が3980円(税込)。PS4版のみパッケージ版もリリースされる。日本公式サイトもオープンした。
なお、PC版は海外パブリッシャーのDeep SilverによってSteamで配信済み。Steam版にも日本語が収録されている。

「Outward」画像・動画ギャラリー

『Outward』はサバイバル要素や、主人公がただの冒険者であることが強調されたオープンワールドのファンタジーRPG。主人公は伝説の勇者やドラゴンの血筋などではなく、ごく普通の冒険者だ。モンスターだけではなく、空腹や病気、自然環境などにも対応しなければならないという没入型のゲームプレイが特徴になっている。
世界観としては剣と魔法のファンタジーだ。プレイヤーは冒険者となり、美しくも危険な世界「オーライ」にて冒険をしていくことになる。この世界ではクエストをこなしてもいいし、のんびり生活したっていい。サバイバルも必要な過酷な世界だが、自由に生活していこう。オフライン/オンラインでの協力プレイにも対応しているので、フレンドと一緒にこの世界で生き抜いてもいい。

ゲームプレイにおいては感染症などの恐怖があるほか、十分な睡眠や水分補給などの体調管理も重要となる。食事をするには、動物を見つけて狩りをする。ときには極限状態で冒険しなければいけないときもあるだろうが、夜はテントを張るなどしてしっかりと睡眠を取ろう。
本作はSteamのストアページでは「ダークソウル系」のタグも付いている作品だ。「スカイリム」に代表されるオープンワールドRPGやソウルライク、サバイバルといった要素が好きな人は本作をプレイしてみるといいだろう。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。