クールな天才・茅森早香、2019年トップ締め 勝利の笑顔に萩原聖人も「ギャップ萌え」/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:茅森早香

接戦でも何らブレることない戦いぶりは、まさに“天才”と評されるにふさわしかった。大和証券Mリーグ2019・12月20日の第1試合で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が今期3勝目、今年の自身最終戦をトップで締めくくった。

【映像】“天才”茅森早香の快勝劇(1回戦)

 この試合の対局者はU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)、茅森の並びでスタート。

 茅森は東2局2本場、瑞原から8000点(+600点、供託2000点)をアガると、その後は勝又にマクられ、岡田に迫られながらも決して無理はしないクールな立ち回り。「北家だったので、なるべく前に出ないようにして、オーラスの親でガッツリ行こうかなと思って」との考えの下、オーラスにリーチ・赤・裏ドラ1の7700点を勝又からアガって有言実行。最後は瑞原のラス抜けを狙ったリーチにしっかり対応、危なげなくトップ終了した。

 インタビューでは、中盤に競り合いとなった勝又とのリーチ合戦はかなりヒヤヒヤしたと語りつつも「テンパったらリーチだなと、勝負に行きました」とここでも冷静に試合を振り返った。

 またチーム全体として今期ここまでの戦いに触れた際には、「最初は良かったのに、途中からずっとプラスマイナスを行ったり来たりで…。今年はこれくらいでまとめて、来年ガガガっといけたらいいなと思います」と、思うようにチームが浮上できなかった点にもまずまずの評価で振り返った。茅森は今期これで3勝目だが、2着がすでに8回。そしてラスはわずか2回と、チームへの貢献度は高い。

 インタビューの最後はにっこり決めポーズ。この試合を解説していたTEAM雷電・萩原聖人(連盟)はこれを見て開口一番「めちゃくちゃかわいいですね!」と語り、試合中にほとんど表情を変えないクールさと、試合後の明るい笑顔の「ギャップ萌え」にデレデレ。ファンもこれに反応し「萌えるなwww」「対局中は常におこ」「ギャップ萌え!」と盛り上がっていた。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。