ガレッジセール川田が朝ドラ「ちむどんどん」でバーガー屋マスター(お笑いナタリー)

出典元:お笑いナタリー

ガレッジセール川田が2022年度前期の連続テレビ小説「ちむどんどん」に出演する。

「ちむどんどん」は沖縄で生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子と、個性豊かな4兄妹の姿を描く物語。西洋料理のシェフを目指して修業し、やがて東京で沖縄料理の店を開くため奮闘する暢子を黒島結菜が演じる。

川田は暢子たちの村からバスで30分くらいのところにある、町の若者たちが集うハンバーガーショップのマスター役。兄妹たちそれぞれの青春模様を見守る。

2022年は沖縄が本土復帰50年を迎える節目で、川田は「僕たち復帰っ子も来年復帰50年に向けて活動をしていけたらと考えていたところなので、オファーをいただいたときに運命を感じました!」とコメント。朝ドラは2001年度上半期放送の「ちゅらさん」以来の出演となり、「久しぶりの朝ドラ出演、めちゃめちゃうれしかったです! 復帰50年を盛り上げるために全力で挑みますので、よろしくお願いいたします」と意気込んでいる。

なお川田のほか、宮沢氷魚、山田裕貴、前田公輝、山路和弘、片桐はいり、石丸謙二郎、渡辺大知、きゃんひとみ、あめくみちこ、戸次重幸の出演も明らかになった。

■ ガレッジセール川田 コメント
青い空、白い雲、エメラルドグリーンの海、自然も素晴らしいけどやっぱり故郷の一番の魅力は人の温かさだと思います。昔は考えなかったけど50歳手前になってコロナ禍になっていろいろ考えました。こんな時代だからこそたち先人が残してくれた心、チムググルを大切にしなくてはいけないと思いました。あと伝統芸術の琉球空手にも最近ハマっているのでぜひこのドラマでも観たいです!

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。