オリンピック爆破事件、爆発の瞬間…イーストウッド新作『リチャード・ジュエル』緊迫の本編映像(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:英雄のはずが全米の敵に……『リチャード・ジュエル』より

名匠クリント・イーストウッド監督が、アトランタオリンピックで実際に起きた爆破事件で、大勢の命を救いながら第一容疑者とされた男の実話を映画化した『リチャード・ジュエル』から、爆破の瞬間を捉えた本編映像が公開された。

【動画】『リチャード・ジュエル』本編映像

 1996年7月27日、アトランタの記念公園でコンサート会場の警備を担当していたリチャード・ジュエルは、ベンチの下に不審物を見つける。爆発物処理班が確認すると、それは何本もの釘が仕込まれたパイプ爆弾であることが判明。公開された本編映像には、リチャードがコンサートスタッフや周囲の観客に緊急避難を呼びかけるさまが収められている。緊張感のない野次馬に向かって必死に避難を促すリチャードだが、その背後で何の前触れもなく爆弾が爆発。日常が一瞬にして地獄に変わる、テロの恐ろしさを克明に描き出した映像に仕上がっている。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック


コメントは受け付けていません。