インフルから復帰の多井隆晴、自ら快気祝いの勝利なるか?/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:1月16日1回戦の出場選手

Mリーグ機構は「大和証券Mリーグ2019」、1月16日1回戦に出場する4選手を発表した。注目は、インフルエンザによる欠場から復帰した渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)。久々の試合で、どんな麻雀を見せるか。

【中継映像】勝又・佐々木・多井・魚谷の組み合わせ

 昨シーズンも一時、インフルエンザで離脱した多井だが、今シーズンも数日間の自宅療養。昨年は別の理由で入院もあっただけに、これ以上チームに迷惑をかけられない。チームメイトの踏ん張りもあり上位4チームに踏みとどまっているが、エースとして快気祝いの勝利を、チームにも捧げたいところだ。

 年をまたいでとにかく絶好調なのがセガサミーフェニックス。リーグ記録となる5連勝もあり、一気に首位まで駆け上がった。5連勝目を挙げた魚谷侑未(連盟)が、再び連勝街道を走るような勝利を手にすれば、残りのレギュラーシーズンはさらに視野が明るくなる。

 年が明けて、ついに本領発揮となっているのがKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)。昨年12月まで占いで大殺界だったと伝えられていたが、抜けた途端に久々のトップ。復調が本物であれば、チームにとっては何より心強く、他チームにとっては脅威でしかない。

 ずるずるとチーム順位を下げてしまっているEX風林火山は、ここが踏ん張りどころ。セミファイナル進出ラインぎりぎりの6位は、昨期のレギュラーシーズン1位チームとしては想定外だ。“軍師”勝又健志(連盟)は、ここからの立て直しにどんな秘策を練っているか。

【1月16日1回戦】

EX風林火山・勝又健志(連盟) 個人10位 +52.9
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟) 個人21位 ▲53.8
渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 個人5位 +109.9
セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟) 個人9位 +59.6

【1月14日終了時点での成績】

1位 セガサミーフェニックス +248.5(56/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +164.2(58/90)
3位 TEAM雷電 +136.2(58/90)
4位 渋谷ABEMAS +48.6(56/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +47.0(56/90)
6位 EX風林火山 ▲73.9(56/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲107.3(58/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲463.3(58/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。