アナ・デ・アルマス、「キューバ人がマリリン・モンローを演じるのは革新的」(ELLE ONLINE)

出典元:アナ・デ・アルマス(Ana De Armas)GETTY IMAGES

マリリン・モンローの伝記映画『Blonde(原題)』でマリリン役を演じたアナ・デ・アルマス。すでに撮影は終了し、今年中にアメリカで公開される。マリリン役に抜擢された心境について、アナが雑誌『ヴァニティフェア』のインタビューで語っている。

【写真】マリリン・モンローになりきったセレブ18人

アナ曰く「私がマリリンを演じることはとても革新的だと思った。キューバ人がマリリンを演じるのよ。心からこの役がやりたかった」。キューバ出身で、ハリウッドではマイノリティであるアナ。主役に抜擢されたこと、しかもアメリカ人のマリリン役を演じるのは大きな意味を持つことだと語った。監督のアンドリュー・ドミニクはすぐに彼女がマリリンだと確信したもよう。アナは「アンドリューは1度のオーディションで『マリリンは君だ』と言ってくれた」。そのあとプロデューサーや出資者を納得させるために何度かオーディションを受けなくてはならなかったが、アナは「私にはできるとわかっていた」。

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。