アップアップガールズ(仮)野音での2回目の奇跡、現体制ラストライブで伝えた「ありがとう」(音楽ナタリー)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:音楽ナタリー

アップアップガールズ(仮)が昨日9月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で単独ライブ「アップアップガールズ(仮)ENDLESS SUMMER」を行った。

【写真】「アップアップガールズ(仮)ENDLESS SUMMER」の様子。(メディアギャラリー他25件)

今年結成10年目に突入したアプガ(仮)は9月1日に緊急記者会見を開催。5年ぶりの日比谷野外大音楽堂公演をもって現体制での活動を終了し、新体制に移行することを発表した。ライブは新型コロナウイルス感染拡大防止策のガイドラインを遵守したうえで動員数を制限して行われ、開催前日までファンからの支援を募るクラウドファンディングがCAMPFIREにて実施された。

天気はあいにくの雨模様となったが、5年前の公演と同じくライブが始まる頃には雨が上がるという奇跡が起こり、会場に心地よい秋風が吹き始める。アップアップガールズ(プロレス)とアップアップガールズ(2)によるオープニングアクト後に登場したアプガ(仮)は、コロナ禍におけるファンへの気持ちをつづった「I LIVE YOU」を1曲目に歌唱。森咲樹は「5人の最後の大きな挑戦、しっかり目に焼き付けてくださいね!」と客席に向かって呼びかけた。さらに5人はこぶしの効いた佐保明梨の独唱で始まる「アップアップタイフーン」で勢いよく旗を振り、3曲目にはグループの代表曲「アッパーカット!」をパフォーマンス。野音の夜空に向けて豪快なアッパーカットをぶちかまし、序盤からファンのテンションをぐんぐんと高めていった。

最初のMCでは空手黒帯の佐保が空手のパフォーマンスを披露して会場を盛り上げ、古川小夏は「みんなに『雨やませてね』と言われて『任してくださいよ!』とか言ってたけど、内心ちょっと怖かったのね(笑)。本当に雨がやんでくれてよかったなと。本日の仕事が終わったということで、あとは楽しんで帰りたいと思います!」と声を弾ませる。ファンへの挨拶を終えたアプガ(仮)は続いて恋愛ソング「バレバレI LOVE YOU」やシンセサウンドが特徴の「End Of The Season」を歌い、佐保が「5人で最後の夏が終わるなとか考えちゃって。でもいろいろ考えた結果、私はこの夏を最後まで楽しみたいと思ったんだけど、どうかな?」と語ったあとには「メチャキュン▽サマー ( ´ ▽ ` )ノ」「サマービーム!」というサマーソング2曲を連発。「サマービーム!」では新井愛瞳が「野音で食べるブルーハワイって、どんな味なんだろうね?」と問いかけ、関根梓が「秘密の味」と答えるというこの日限りのアレンジでセリフパートが披露された。

会場が高揚感で包まれる中、ライブはここからラストスパートへ。5人はパーティチューン「ヒート ビート アイランド」や“愛”をテーマにしたダンスナンバー「愛愛ファイヤー!!」を畳みかけるようにパフォーマンス。さらにメンバー1人ひとりの個性が光るダンスメドレーを挟み、クールで大人びたムードの新曲「Light It Up」とアッパーチューン「アゲノミクス!!」を披露し、これまでの活動を通して培ってきた幅広い表現力を遺憾なく発揮した。続く「アッパーレー」では、メンバーがはしゃぎながらCO2ジェットガンを発射。客席からステージが見えなくなるほどのスモークが立ち込めるというアプガ(仮)らしいお祭り騒ぎのステージが繰り広げられた。そして森の「私たちはまだまだ前に向かって全力で走り続けます! そんな自分たちの背中を押すためにも、こうやって応援に来てくれたみんなのためにも、最後精一杯歌います!」という言葉を合図に、彼女たちは「FOREVER YOUNG」を歌唱。今この瞬間を噛みしめるように、弾けるような笑顔を浮かべてステージ上で抱き合った。

アンコールで再びステージに現れたアプガ(仮)は、明るい曲調の新曲「ソラハレルヤッ!!」を初披露。観客は初見にも関わらずメンバーの振りをコピーして踊るというアイドルファンとしての対応力の高さを見せた。その後のMCでは佐保が「皆さんの私たちへの思いとたくさんの愛が雨を上がらせてくれたのかなと思います。持ってる力以上のものを出して楽しめたんじゃないかな。いい締めの、いいスタートのライブになったと思います」と感謝の気持ちを述べ、関根は目に涙を浮かべながら「この日をバネにして皆さんと一緒に前に進んで、アップアップガールズ(仮)の可能性を無限大にしていきたいと思います」と挨拶。また新井は新メンバーオーディションが開催されること、11月10日に現体制最後のアルバム「6thアルバム(仮)」をリリースすることを発表。「私たちは前を向いて未来に向かってまっすぐ突き進んで行って、さらにたくさんの人を笑顔にできるようにそれぞれの力をどんどん伸ばしていきたいと思います。今後のアップアップガールズ(仮)から目を離さないでください!」と力強い言葉を響かせた。

新体制に向けた報告を伝え終えた5人はペンライトを手に取り、ライブを締めくくるラストナンバーとして「サイリウム」を熱唱。曲の終盤では照明が暗転し、日比谷野外大音楽堂が5色のペンライトの光でいっぱいに。再び照明が付くと大きく「ありがとう」と書かれた横断幕を掲げるメンバーの姿が浮かび上がり、新井の「私たちはずっとこの先、上を向いて走り続けます!」という宣言で現体制ラストライブが締めくくられた。

■ アップアップガールズ(仮)「アップアップガールズ(仮)ENDLESS SUMMER」2020年9月26日 日比谷野外大音楽堂 セットリスト
□ アップアップガールズ(プロレス)
01. リングの上にも三年 ~All Along The Way~

□ アップアップガールズ(2)
01. 二の足Dancing
02. 雨に唄えば
03. ワッチャウッ!!
04. Be lonely together
05. どのみちハッピー!

□ アップアップガールズ(2)&アップアップガールズ(プロレス)
01. 上へ、未来へ

□ アップアップガールズ(仮)
01. I LIVE YOU
02. アップアップタイフーン
03. アッパーカット!
04. Next Stage
05. バレバレI LOVE YOU
06. End Of The Season
07. メチャキュン▽サマー ( ´ ▽ ` )ノ
08. サマービーム!
09. ヒート ビート アイランド
10. 愛愛ファイヤー!!
11. Lady→GO!
12. ダンスメドレー
13. Light It Up
14. アゲノミクス!!
15. アッパーレー
16. FOREVER YOUNG
<アンコール>
17. ソラハレルヤッ!!
18. サイリウム

※「メチャキュン▽サマー ( ´ ▽ ` )ノ」の▽はハートマークが正式表記。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。