いま再燃する「ラジオ人気」 現代の孤独に寄り添う絶妙な「距離感」とは(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

地方から上京した人にとって、「東京」に本当の意味で慣れるのは至難の業。何年住んでも「地元」と断言することに抵抗があり、「東京に暮らす」自分に違和感を覚えます。

【ラジオ好きが選ぶ】注目の「ラジオ番組」4選

 繁華街では気を抜けば人にぶつかるし、四方から人の声やなにかのBGMが聞こえてくる……地元の何倍もの人が行き交う雑踏で、足をすくませることも多いものです。

 筆者が東京に住み始めて、2020年でちょうど10年。地元にいた頃は人のいない道を歩くのが怖かったけど、東京は逆にどこにでも人がいる。「ひとり」になる時間が短くて、なんだか別の不安に襲われるのです。

 筆者の場合、この不安感を和らげてくれたのが「ラジオ」でした。

 ラジオを聴いていると、「ひとりだけどひとりじゃない」不思議な感覚に包まれるのです。イヤホンの向こうから聴こえるのは、パーソナリティーが話す声。大都会での暮らしに不安を感じても、パーソナリティーを通して自分の存在を確認する。東京のざわめきに負けず堂々と前を向ける気がします。

 もちろん街を歩くときは、車やアナウンスなど重要な音を聞き逃さないよう、音量を小さく絞りながら。筆者にとってラジオは、「東京」に暮らすうえで欠かせないものなのです。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。