【祝!岡田准一の誕生日】「ザ・ファブル」続編、メイキングカット披露&意外なキャラがTikTok挑戦(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:映画.com

岡田准一が主演し、南勝久氏による人気漫画を実写映画化した「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のメイキングカットが、このほど披露された。岡田は、主演としてのみならず、ファイトコレオグラファーとしてアクション制作にも初期段階から参加。世界基準“超え”を目指して奔走する光景をとらえている。

【画像】第1作「ザ・ファブル」場面写真

 累計発行部数800万部を誇る人気コミックを映画化し、累計観客動員数130万人を突破した「ザ・ファブル」(2019)。裏社会で伝説の殺し屋として暗躍し、“ファブル”(寓話)の名前で恐れられる主人公(岡田)が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑むさまを、コミカルかつシリアスに描いた。江口カン監督が再びメガホンをとる続編では、木村文乃、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市ら豪華キャストが続投。新たに堤真一、平手友梨奈、安藤政信が参戦する。

 本作のプロデューサーは「岡田さんに初期段階からアクション作りに参加してもらったおかげで、岡田さんの持っているアクションセンスをフルに発揮してもらうことができた」と説明。メガホンをとった江口監督も「アクションは岡田さんから多くを学びました。それを誇りとして、これからもいろんな作品を撮影していけるなと思っています。僕にとっての師匠ですね」と敬意を表している。

 現場では“岡田師範”とも呼んでいたという江口監督。「教えるのがめちゃくちゃうまいんですよ。見ていると自分もやりたくなるし、できるんじゃないか? って気になるんです。教えている様子そのものが面白いです」とアクション指導を行う岡田の姿を振り返る。撮影では、難度の高いアクションに、緊迫した空気が漂うも。岡田は、そんな時こそ現場を盛り上げ、江口監督やスタッフを励まし続けたようだ。

 また、上裸に赤ネクタイという強烈なビジュアルが話題の“笑いの中学一年生”ことジャッカル富岡(宮川大輔)がTikTokアカウント(https://www.tiktok.com/@jackal_tomioka)を開設。本日11月18日は、岡田の誕生日。「誕生日がおめでたいから」という謎の理由でスタートを切ったようだ。情報解禁にあわせて、ダイジェスト動画も披露されており、ジャッカル富岡は「フォロワーが1億人を突破したらドラマ主演が決まる」と豪語している。

 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」は、2021年2月5日から全国公開。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。