【国内映画ランキング】「花束みたいな恋をした」が5週連続の首位 2位は「鬼滅」、新作はランクインなし(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

2月27日~28日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週は、「花束みたいな恋をした」(東京テアトル/リトル・モア)が、土日2日間で動員12万8000人、興収1億7600万円をあげ5週連続の首位を獲得。前週比は動員で-4.2%、興収で-6.5%と、落ちの少ない興行となっており、累計では動員167万人、興収22億円を突破した。

 息の長いヒットを見せる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)は、土日2日間で動員10万人、興収1億5600万円で、先週から順位を上げ2位にランクイン。前週比は動員で+5.5%、興収で+3.3%と公開から20週目にもかかわらず、驚きの数値をたたき出し、累計では動員2768万人、興収381億円を突破した。

 3位には「名探偵コナン 緋色の不在証明」(東宝)が先週の4位からワンランクアップ。累計では動員51万人、興収7億円を突破。4位は、先週2位スタートの「ライアー×ライアー」(アスミック・エース)。公開第8週目となる2月26から、本編では実現しなかった“もしも”の世界を描いたミニポスターが配布された「銀魂 THE FINAL」(ワーナー)は、先週の10位から5位へと大飛躍を見せた。

 また、6位の「樹海村」(東映)以下も、既存作品が並び、新作のランクインがない週末となった。累計では、公開から10週目を迎えた7位の「映画 えんとつ町のプペル」(東宝/吉本興業)が動員163万人、興収22億円、9位の「劇場版ポケットモンスター ココ」(東宝)は、動員144万人、興収16億円を突破し、圏外から再ランクインした。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。