【国内映画ランキング】「パラサイト」V2、2位「スマホを落としただけなのに」ほか新作5本ランクイン(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:今週も「パラサイト」が首位

[映画.com ニュース]2月22日~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されているが、全国の映画館は予防対策を行いながらも概ね通常営業しており、トップ10には新作5本がランクインしている。首位は「パラサイト 半地下の家族」がキープした。週末2日間で動員20万4000人、興収2億9400万円を記録。22日に累計動員220万人、興収30億円を突破し、日本における韓国映画の興収記録だった「私の頭の中の消しゴム」の30億円を15年ぶりに更新した。24日までの累計動員は242万人、興収33億円をあげ、さらに数字を伸ばしそうだ。

【国内映画ランキング】1~10位

 新作「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は初登場2位。志賀晃の同名ミステリー小説を映画化し、北川景子主演でヒットしたサスペンス「スマホを落としただけなのに」の続編。21日より全国323スクリーンで公開され、土日2日間で動員14万3000人、興収1億9700万円を記録した。これは2018年11月2日に公開され、最終興収19.6億円を記録した前作の興収比84.2%の成績。スマホのヘビーユーザーである若い世代を中心に集客し、公開4日間では動員26万9000人、興収3億6000万円をあげており、興収15億円以上が見込めるスタートとなった。

 3位は「犬鳴村」が維持。週末2日間で動員8万3000人、興収1億0600万円をあげ、24日までの累計動員は67万5000人、興収は8億6600万円を超えた。「ヲタクに恋は難しい」も4位をキープし、24日までの累計動員は77万人、興収は10億円を突破している。

 新作では他に、「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」が6位、「ミッドサマー」が7位、「チャーリーズ・エンジェル」が8位、「スキャンダル」が9位にランクイン。人気アニメ「デジモン」シリーズの20周年を記念して製作された劇場版「デジモンアドベンチャー」は、全国48スクリーンでの公開ながら高稼働した。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。