『真・女神転生V』の主要キャラクター情報があらためて公開 砂漠と化した東京で戦いを繰り広げる主人公たちを収めたスクリーンショットも多数明らかに(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

アトラスの人気RPG「真・女神転生」シリーズ最新作となる『真・女神転生V』。本作の舞台となる「ダアト」は、荒廃し砂漠化した東京だ。ふとしたことがきっかけでダアトに迷い込んだ主人公は、神話に登場する神や悪魔たちの戦いに身を投じることになる。この記事では新たに公開されたスクリーンショットを参照しつつ、キャラクターたちを紹介したい。
主人公は東京都在住の高校生。全寮制の縄印学園に通いながら、平和な毎日を送っていた主人公だったが、品川駅近くのトンネル崩落事故に巻き込まれ意識を失ってしまう。目を覚ますとそこは、慣れ親しんだ東京とは異なる謎の世界「ダアト」だった。ダアトはかつて栄えた都市が荒廃し砂漠化した東京で、異形の存在「悪魔」がうろついている。悪魔に襲われた主人公はなすすべもなく逃げ惑う。

「真・女神転生V」画像・動画ギャラリー

すんでのところで主人公の命を救うのは「アオガミ」を名乗る謎の男。「少年、死にたくなければ手を取れ」と男は主人公に言い放ち、2人は融合することに。融合後は悪魔に対抗できる超常の力を持つ「ナホビノ」へと変貌を遂げ、その力を使って悪魔を倒す。意思決定は主人公にあり、アオガミは声のみで主人公を導いていくようだ。
ダアトには、巨体を誇る魔人や空を羽ばたく怪鳥など、神話上の存在である「悪魔」が実体を持ち、彼らは互いの存続をかけて争っている。悪魔に対抗し得る力を持つナホビノとして、主人公は激しい戦いを繰り広げていく。

ダアトで出会う悪魔は200体以上。戦うことでナホビノとして強くなっていくほか、悪魔と交渉して仲間にすることができる。仲間の悪魔は「仲魔」と呼ばれ、ジャックフロストやマーメイドなどのシリーズお馴染みの悪魔はもちろん、アマノザコなど本作で初登場となる新しい悪魔も存在。

悪魔と悪魔を合体させて別の悪魔を生み出す、悪魔合体もある。本作では邪教の世界の主「ソピアー」のもとを訪れて合体するようだ。「有利な行動を取ればターン中の行動回数が増えるが、逆に不利な行動を取ると行動回数が減る」という戦術性の高いプレスターンバトルやマルチエンディングのストーリーなど、シリーズお馴染みの特徴も受け継がれている。
ナホビノという特殊な存在の主人公をはじめとする、パーティメンバーの成長要素も気になるところだ。そちらについては続報を待ちたい。

『真・女神転生V』はNintendo Switch向けに2021年11月11日発売予定。通常版の価格は9878円(税込)。過去作の人気楽曲アレンジを収録したサウンドトラックや悪魔の解説書などが同梱する初回限定版「禁断のナホビノ」BOXは1万6280円(税込)となっている。

コメントは受け付けていません。