『監察医 朝顔』“山倉”戸次重幸、ずぶ濡れ&号泣にネット反響(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

上野樹里が主演を務める月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第3話が16日に放送され、戸次重幸ふんする強行犯係係長の山倉が、朝顔(上野)たちに悩みを打ち明けるシーンに、「シュール」「最初から爆笑」「朝顔でこんなに笑うとは」といった声が寄せられた。

【写真】朝顔(上野樹里)、タキシードを着たミイラの担当に

 本作は、東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任三郎)や夫の桑原真也(風間俊介)と共に懸命に遺体と向き合う姿を描く、2019年7月期に放送されたドラマの続編。

 冒頭、土砂降りの雨の中、平とつぐみ(加藤柚凪)が自宅に帰ってくると、傘もささずに門柱に頭をつけてずぶ濡れになりながらうなだれる野毛山署強行犯係係長の山倉の姿が。山倉は声を掛けた平に対して涙声で「なんでもないです…」とポツリ。心配になった平は山倉を家に招き入れ、着替えさせると朝顔が仕事から帰ってくる。

 「実は…」と話し始めたものの、号泣して話せなくなった山倉。朝顔は不思議に思いながらも山倉の髪をタオルで拭いてあげることに。そこに桑原が帰宅し「ただいま~」と居間に入ってくると、自分の妻が男の髪を乾かしているというシチュエーションに驚き「誰っ!?」と絶叫。思わず「おかえり!」と声を山上げた山倉に近づくと「係長これどういうことですか?」と問いかける。

 シュールな状況と山倉役の戸次によるコミカルな演技に、ネット上には「係長がいるだけでシュール」「最初から爆笑」「朝顔でこんなに笑うとは」などの声が集まった。実は山倉は異動の通達を受け、期待していた捜査一課から遠のいてしまうのではと不安になり、その悩みを打ち明けにきたのだった。そんな不憫(ふびん)な山倉や彼を演じる戸次に対して「係長かわいいなwww」「ずぶ濡れの仔犬みたいな戸次さんは可愛い」「あまりにもかわいそう…いや、かわいすぎ」といった反響も相次いでいた。

コメントは受け付けていません。