『恋する母たち』第4話 “杏”木村佳乃、斉木&研と食事 まり、優子も夫への気持ち冷める(クランクイン!)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:クランクイン!

女優の木村佳乃が主演を務め、吉田羊、仲里依紗が共演するドラマ『恋する母たち』(TBS系/毎週金曜22時)第4話が今夜放送。第4話では、杏(木村)はプロポーズされた斉木(小泉孝太郎)と息子・研(藤原大祐)と3人で食事をすることに。一方、まり(仲)と優子(吉田)も夫から気持ちが離れ、それぞれ新たな相手のことで頭がいっぱいになる。

【写真】“杏”木村佳乃は斉木と研と3人で食事をする 『恋する母たち』第4話より

 杏は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認する。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。

 蒲原家では、まりが夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。

 一方、優子も京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいに。会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする。

 翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。

 その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

 本作は『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』などの漫画家・柴門ふみが2017年から2020年7月まで雑誌「女性セブン」(小学館)に連載していた同名コミックを、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)や『知らなくていいコト』(日本テレビ系)の大石静による脚本で実写ドラマ化したラブストーリー。それぞれに秘密や悩みを抱える3人の母親たちの、三者三様の運命を描いていく。

 金曜ドラマ『恋する母たち』第4話は、TBS系にて11月13日22時放送。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。