『七人の秘書』第4話 “不二子”菜々緒、激怒 “盗撮”警視正にオトリ作戦(クランクイン!)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:クランクイン!

女優の木村文乃が主演し、広瀬アリス、菜々緒らが共演する中園ミホ脚本のドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)第4話が今夜放送。第4話では、警視正の盗撮事件がもみ消されようとしていることに不二子(菜々緒)が激怒。千代(木村)たちとオトリ作戦を実行する

【写真】“三和”大島優子&“七菜”広瀬アリスが盗撮のオトリに 『七人の秘書』第4話より

 警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマートフォンでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。

 そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)のラーメン店「萬」へ連れていく。そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。

 そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子は、事件を隠蔽(いんぺい)した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。

 映子の記憶から、盗撮に使われたのが山根のスマートフォンだと確信した不二子は、東都銀行常務秘書・望月千代ら裏仕事の仲間たちと山根を懲らしめることに…!

 盗撮マニアの常習性を利用することにした秘書軍団は、表向きはクリーンな警察キャリアの山根を現行犯で捕まえる作戦を開始。三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、山根との接触を計るが…?

 本作は、数々のヒットドラマを生み出してきた脚本家・中園による痛快“秘書”ドラマ。極秘情報を握り、裏で世の中を動かす秘書たちが、わずかな報酬で人助けをする姿を描く。木村がテレビ朝日の連続ドラマ初主演を果たし、広瀬、菜々緒のほか、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介らが共演する。

 ドラマ『七人の秘書』第4話は、テレビ朝日系にて11月12日21時放送。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。