『ヒックとドラゴン』衝撃のラストはこうして生まれた…8歳の少年の言葉で決断(シネマトゥデイ)

出典元:来日したディーン・デュボア監督

バイキングの少年ヒックとドラゴン・トゥースの友情を描いたアニメーション映画シリーズ第3弾にして完結編『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』(公開中)のディーン・デュボア監督が来日してインタビューに応じ、シリーズとの関わりを振り返るとともに、世の中を驚かせた第1弾のラストの誕生秘話を明かした。(以降、第1弾の結末に触れています)

【動画】『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』予告編

 2010年公開の『ヒックとドラゴン』を皮切りに3部作全てで監督・脚本を務め上げたデュボアだが、第1弾に参加したのは制作半ばでのことだった。「その時には違う監督と脚本家の下ですでに2年間進められていて、彼らは原作(クレシッダ・コーウェルの同名児童小説)にとても忠実な映画にしようとしていた。だけど劇場公開の約16か月前になって、ドリームワークス・アニメーションは新しいストーリーが必要だと判断してね」。そしてディズニーの『リロ&スティッチ』で名をはせたデュボア&クリス・サンダースに声が掛かることになった。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。