『ドラゴン桜』、『大豆田』を抜いて1位返り咲き、「もっと評価されるべき」激戦続く春ドラマ(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

春ドラマが続々と最終回を迎える中、最新のドラマ満足度ランキング(6月8日~6月14日放送を対象)では高ポイントが続出。TOP3が90Pt超え(100Pt満点)となるなか、阿部寛主演の日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)が99Ptを獲得し、1位へ返り咲き。前週1位の松たか子主演『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)は97Ptと僅差で2位となった。

【動画】生徒役を熱演する平手友梨奈、「踊り狂う!」欅坂46脱退直後のダンス

 安定した人気を誇る『ドラゴン桜』。阿部や江口のりこ、及川光博らベテラン勢のほか、生徒役の若手俳優たちの熱演が毎週放送後のSNSを盛り上げてきた。後半に入ってからは、東大受験が近くなると個性的な特別講師役のゲスト出演者たちの怪演も話題を呼び、ほどよく笑いも散りばめられた盛りだくさんの内容が、視聴者を釘付けにしている。

 満足度を振り返ると、初回61Ptでスタート後、回を重ねるごとに右肩上がりで急上昇。第4話で早くも96Ptと今期前半で90Pt台に乗せ、その後も高い満足度をキープ。第5話、第6話、今週の第8話で99Ptを獲得しており、着実に数字を積み上げながら常にランキング上位を推移。先々週まで3週連続1位をキープしたあと、先週の2位を経て再び1位に立った。

 視聴者からは「1人ひとりの演技力が高くてドラマにのめり込んでしまう」、「毎回感動して少し泣きそうになります。東大専科の生徒たちが勉強することでどんどん学力をつけていることが感慨深いですし、専科の仲間との絆を育んでいる様子にも胸が熱くなります」など人間ドラマのおもしろさとキャストの熱演への高評価の声が多く寄せられている。

 すでに固定ファンを持つ日曜劇場だが、青春学園ドラマの要素がベースになる本作も、サスペンス的な陰謀論も盛り込むなど視聴者層を偏らせないドラマ構造で、幅広い層にアプローチ。東大受験というストーリー性とキャスト陣の好演が奏功し、幅広い層から支持を得ることに成功している。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。