『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、ファンに媚びた映画を作るのは「間違い」(シネマトゥデイ)

出典元:左からライアン・ジョンソン監督、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック – 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』メイキング写真 – Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で監督・脚本を務めたライアン・ジョンソンが、ファンに媚びた映画を作るのは「間違い」だとポッドキャスト番組「Swings & Mrs.」に出演して持論を語った。

【画像】『最後のジェダイ』に出演し誹謗中傷されたアジア系女優

 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は世界的なヒットとなったものの、ジョンソン監督の“攻めの姿勢”は賛否両論の渦を巻き起こすことに。同作を振り返ったジョンソン監督は「僕はどのクリエイティブなプロセスにおいても、それ(ファンを幸せにすること)を目的にして取り組むのは間違いだと思う。それは正反対の結果を生むことになるだろう」と切り出す。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。