「GTO」鬼塚の高校生役に寛 一 郎が自虐(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:寛 一 郎

俳優の寛 一 郎が27日、都内で行われたオリジナルドラマ「湘南純愛組!」プレミア試写会に登壇。1998年に放送された大ヒットドラマ「GTO」で、反町隆史が演じて当たり役となった鬼塚英吉の高校時代の描く本作で、鬼塚役を担う寛 一 郎は、「ミスキャスティング」と自虐コメントを発し、会場の笑いを誘った。この日は、金子大地、柳ゆり菜、山谷花純、T-BOLAN(主題歌)、内田英治監督、松本優作監督、鈴村展弘監督も来場した。

【写真】鬼塚英吉の寛 一 郎!

 本作は、漫画家・藤沢とおるの代表作「GTO」の原点となる作品を実写ドラマ化したもの。湘南最強の鬼爆(おにばく)コンビこと、鬼塚英吉(寛 一 郎)と弾間龍二(金子)の高校生二人組が、不良生活から足を洗い彼女を作ろうと奮闘しながら、立ちはだかる強敵たちとケンカ三昧の日々を送る姿を描く。

コメントは受け付けていません。