「麒麟がくる」吉田鋼太郎、眞島秀和ら実力派ズラリ 舞台のような臨場感(シネマトゥデイ)

出典元:第五回「伊平次を探せ」より – (C)NHK

16日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第五回「伊平次を探せ」では、吉田鋼太郎、谷原章介に加え眞島秀和、向井理らが登場。演出を務めた藤並英樹が本放送を前に、存在感を存分に見せつけた実力派俳優たちの魅力を語った。(※一部ネタバレあり)

【写真】玉置玲央が死刑囚を演じた大杉漣さんとの共演作

 第五回は、明智光秀(長谷川博己)が、第一回で手に入れた鉄砲の作り方を探るために、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)を探すことに加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのかを探るため、再び京都を旅するさまが描かれた。そのなかで、三淵藤英(谷原章介)、松永久秀(吉田鋼太郎)らとの再会、足利義輝将軍(向井理)、将軍奉公衆の細川藤孝(眞島秀和)らとの出会いがあった。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。