「豊岡演劇祭2021」開催決定、総合プロデューサーに相馬千秋(ステージナタリー)

出典元:ステージナタリー

「豊岡演劇祭2021 Toyooka Theater Festival」が9月9日から20日まで、兵庫・城崎国際アートセンターほかで開催されることが決定した。

【画像】「豊岡演劇祭2021」記者会見より。(他4件)

今回は公式プログラム10団体程度、フリンジプログラム25団体程度が出演予定。またフェスティバルディレクターの平田オリザに加え、相馬千秋が総合プロデューサーに就任した。

「豊岡演劇祭2021 Toyooka Theater Festival」の開催に向けて、平田は「『豊岡演劇祭2021』は、第一回の成果を受け、着実にその内容を充実させることを目指します。芸術文化観光専門職大学とも深く連携し、参加者も観客も笑顔にする演劇祭を実現したいと願っています」とコメントしている。

なお、公式・フリンジの公募は4月26日から5月14日まで受け付けられる。詳細は公式サイトで確認を。

■ 「豊岡演劇祭2021 Toyooka Theater Festival」
2021年9月9日(木)~20日(月・祝)
兵庫県 城崎国際アートセンター、玄武洞公園、豊岡市民プラザ、芸術文化観光専門職大学、豊岡市民会館、江原河畔劇場、出石永楽館、豊岡市内各所、養父市、香美町

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。