「記憶から無くならない限り、亡くなった人はいない」俳優兼雀士・萩原聖人が後輩と生き続ける関係(AbemaTIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:萩原聖人

そういえば、あいつは今年の忘年会麻雀、予定が合わないな――。俳優兼プロ雀士の萩原聖人(連盟)にはこの時期、そんな思いが訪れているだろうか。萩原と同じく麻雀が大好きだった俳優・滝口幸広さんが亡くなってから、もう1カ月以上が経った。周囲の仲間たちが絶句した訃報に対して「実感を持たない」という向き合い方をしている。「電話のメモリに20年以上会ってない人もいっぱいいるわけじゃないですか。だから僕は亡くなった人の連絡先は消さないんですよ」。15年以上も付き合ってきた仲間とは、会えない年末だけれども、心は生前そのままだ。

 萩原と滝口さんの付き合いは長い。「渋谷で一緒にパチスロしたのがもう15年以上前。麻雀より先でしたね」と、俳優業で一緒に仕事をせずとも、共通の趣味を持った仲間になった。後にサイバーエージェントの藤田晋社長とともに作った著名人リーグにも誘い入れると、プロ顔負けの実力を見せ、後の番組出演にもつながった。最後の対戦となったのも、このリーグでのこと。「亡くなる2日前に一緒に打ったんですよ。トップ取られましたね」と振り返った。最後ではあるけれど、その口調は最後の雰囲気をまとわない。この後に、長丁場のロケでもあって、しばらく打てなくなるという意味での「最後」。そのぐらいのテンションだ。現実には、リーグを暫定トップで終えた滝口さんの結果が残った。「残念だけど、あいつは規定回数打てなくなっちゃいましたけどね」。

 亡くなってしまった実感を持たないことと、忘れてしまうことは違う。常に意識の中にある。訃報の翌日、ロケで豊橋に行った時のことだ。「ホテルに来たりしないかな、とか考えたりするんですよ。わかります?なんか、こういうの」と、たまたま連絡が取れなかっただけで、ひょっこりと顔を出すかもしれない。そういう種類の実感のなさ。先述した著名人リーグも、多忙な人々の集まりゆえに1カ月、2カ月とご無沙汰になる人も多い。麻雀以外にも多くの人と知り合い、そのまま音信不通なんてことも数え切れない萩原にとって、しばらく顔を見ないということが、亡くなったという現実とあまりリンクしないのかもしれない。「たまたま会っていないだけっていう感覚でいるんですよね。だから亡くなった人の連絡先は消さない。いつかは会えるという感覚。当然、ご冥福はお祈りするし、かといって現実逃避でもなく、そういう向き合い方もあるし、大切な友人の一人は簡単に失えないですからね」と語る様子には、何かを無理をしたようなものもない。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。