「治安が悪い」は本当か? 280円デカ盛り弁当とネオンきらめく街の実態 葛飾区・新小岩駅周辺【東京商店街リサーチ】(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

人によって賛否両論がキレイに分かれる不思議な街、葛飾区新小岩。ある人は「一度住んだら出られなくなる」と言い、またある人は「もうあそこには戻りたくない」と言う――。

【画像】ザ・カオスな街「新小岩」駅周辺をチェック(8枚)

 ひと昔前までは「人身事故の多発駅」「23区でも有数の治安の悪い街」といった不名誉なイメージが付いて回る土地でした。ところが、近頃は不動産会社の「住みたい街ランキング」に名前が挙がるなど、明らかに印象が変わってきているようです。

 果たしてこの街の実態はどのようなものなのでしょうか。

●立地と歴史
 新小岩は荒川・中川の東岸にあり、葛飾区の最南端に位置しています。ただ、地理的に見ても歴史的に見ても、お隣の小岩駅周辺と同じ江戸川区とした方が混乱が少なかったようにも思います。

 事実、新小岩駅一帯はもともとは江戸川区の「小松」や「平井」という地名が付けられていたのですが、1965(昭和40)年になって駅名と同じ「新小岩」という地名が使われるようになりました。

 ちなみに新小岩という駅名は、東京駅から見て小岩駅(明治32年開業)の手前にできた新しい駅という意味で付けられたそうですが、当初は乗客が乗り降りする駅ではなく、操車場や信号所だったそうです。旅客駅としての新小岩駅の開業は、1928年のことでした。

(新小岩には長くJRの車両所が置かれ、実は1997(平成9)年まで操車場としての機能を持ち続けていました。なお、信号場駅は今も稼働中です。)

 旅客駅ができた当時の新小岩一帯は、農村地帯から工業地帯へと移り変わったところで、大同製鋼など大規模な工場がありました(現在の新小岩公園)。そもそも新小岩駅とは、そうした工場で働く人々の通勤の便を良くするために開業したという側面があるのです。

 ただ、開業当初は江戸川区へ向いた南口しかなく、北側の工場からの請願を受けて1944(昭和19)年に北口が作られました。

 その後第2次世界大戦をへて、荒川・中川の放水路が完成して治水面の不安がなくなると、昭和30年代に入って市街地としての本格的な発展が始まります。街の古老に聞いた話では、北口側の開発については蔵前橋通りの開通も大きな影響を与えたようです。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。