「水曜どうでしょう」6年ぶりの新作。ディレクターが語った正直すぎる自己評価(BuzzFeed Japan)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:Kei Yoshikawa / BuzzFeed Japan

6年ぶりとなる「水曜どうでしょう」の新作のうち第1話、2話が12月23日深夜、北海道内で放送された。放送に合わせて、インターネット(北海道onデマンド)でも配信がはじまった。

新作公開を受けて、BuzzFeed Newsは藤村忠寿ディレクターと嬉野雅道ディレクターに今の心境を聞いた。

2人にとって「水曜どうでしょう」とは何か。どんな思想で作られてきたのか。ローカル局が生み出した奇跡の番組は、なぜ人々を夢中にさせるのか。他のテレビ番組とは何が違うのか。

稀代のスター・大泉洋を育てた伝説の番組は、いまなお「藩士」と呼ばれる熱烈なファンたちに愛されている。

インタビューから垣間見えたのは、番組を愛し続けるファンへの信頼、正直すぎる自己評価。そして、旧態依然としたテレビ業界への危機感だった。【BuzzFeed Japan/吉川 慧】

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。