「映画は正しいことだけが描かれなくてもいい」夏帆が不倫に溺れる女性を演じた理由(BuzzFeed Japan)

出典元:夏帆(28)

2月21日に公開された映画『Red』。本作は、島本理生の官能小説を映像化したもので、夏帆が、かつての恋人と不倫に溺れる妻・塔子を演じた。14歳で芸能界入りした夏帆にとって「本格的な恋愛映画は初めて」だという。注目されるのは性描写や恋愛模様だが、取材陣の質問に、夏帆は「そこが一番の見所ではないので」ときっぱり言い放つ。123分に描かれるのは、妻や母親としての正解ばかりが求められる現実で、いつのまにか押し殺してきた女の本性だ。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

映画『Red』不倫に溺れる役を夏帆はどうやって演じたのか(動画)

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。