「新感染」の4年後を描く注目作 邦題は「新感染半島 ファイナル・ステージ」に決定(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.com

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」の4年後の世界を描く「Peninsula(英題)」の邦題が、「新感染半島 ファイナル・ステージ」に決定。あわせて、劇場公開日が2021年1月1日になったことがわかった。

【フォトギャラリー】「新感染半島 ファイナル・ステージ」場面写真

 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(ヨン・サンホ監督)は、ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、謎のウイルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描いたサバイバルアクション。日本では2017年に公開され、世界中でも大きな話題を呼んだ。「新感染半島 ファイナル・ステージ」は、ヨン・サンホ監督が続投し、主演に国民的スター俳優カン・ドンウォンを迎えて製作された。

 人間を凶暴化させる謎のウイルスの感染爆発で荒廃したソウルに、元兵士ジョンソク(カン・ドンウォン)の男がある任務を果たすために戻ってきた。その任務とは、チームを組んで、3日以内に大金が積まれたトラックを回収し、半島を脱出すること。チームはウイルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、順調にトラックを手に入れることに成功。しかし、631部隊と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。トラックも奪われ、危機一髪となったジュンソクを救ったのは、ミンジョン(イ・ジョンヒョン)と彼女の娘。彼らはともに半島を脱出するために、協力することになる。

 250人を超えるVFX スタッフにより作り上げられたビジュアル、20分に及ぶ刺激的なカーチェイスは圧巻の一言。カンヌ国際映画祭の「オフィシャル・セレクション2020」に選出され、7月に2338スクリーンで韓国公開を迎え、大ヒットを記録。メディアでは「コロナ禍にあえぐ韓国映画界を救った」と報道されるなど、映画業界復活の象徴として大きな盛り上がりを見せた。

 「新感染半島 ファイナル・ステージ」は、2021年1月1日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。