「愛があれば大丈夫」を許さない。今なお暴力やセクハラが横行する映画業界、一人の監督が語った危機感(BuzzFeed Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:深田晃司監督/1980年生まれ。大学在学時より映画美学校にて映画制作を学ぶ。2016年『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞。最新作は『よこがお』。

『淵に立つ』などの代表作を持つ映画監督・深田晃司さんが、映画の現場でのパワハラ、セクハラを防ぐための「心構え」をステートメントとしてTwitterで発表し、話題を呼んでいる。

私たちに何ができる? セクハラを目撃したときの3つの対処法

パワハラ・セクハラが根深く残っているとしばしば指摘される映画や演劇業界。

監督やプロデューサーと、俳優やスタッフとのあいだでは、キャスティングやスタッフ採用においてどうしても権力や上下関係が発生しうる。「よりよい演出のため」という名目で、指導に罵声や暴力が伴うことも少なくないという。

今回このステートメントを公開した理由、映画業界におけるハラスメント対策をめぐる現状をどう見ているかを深田監督に聞いた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。