「パラサイト」半地下も豪邸もセットだった!美術監督&キャストらが裏側明かす(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:豪華セットにも注目

[映画.com ニュース] 第92回アカデミー賞で作品賞など6部門にノミネートされた「パラサイト 半地下の家族」(公開中)の特別映像が披露された。ポン・ジュノ監督が信頼を寄せる撮影監督とプロダクション・デザイナーが、撮影の裏側を明かしている。

【動画】キャストも登場する「パラサイト 半地下の家族」特別映像

 “半地下”住宅で暮らす全員失業中の一家の長男が、IT企業を経営する超裕福な一家の家庭教師になったことから、想像を遥かに超える悲喜劇が展開する。第72回カンヌ国際映画祭の最高賞となるパルムドールに輝いた。

 プロダクション・デザイナーを務めたイ・ハジュンは「10人の泥棒たち」「ハウスメイド」などを手掛けてきたベテラン。ポン監督とは「オクジャ okja」に続く2度目のタッグとなり、本作で第92回アカデミー賞の美術賞にノミネートされた。

 映像内では、劇中に登場する半地下の家や豪邸など、撮影に使われた多くがセットでつくられたことが紹介される。街の細部まで精密なコンテを描いて完成させた半地下住宅街では「臭いのする生ゴミを作ったり、ハエや蚊も実際に飛ばしました。地下特有のカビ臭さを出そうと意識した」(ハジュン)と、映像では映らない“臭い”へのこだわりも。キム・ギジョン役のパク・ソダムは「臭いもするし居心地のいい家でした。美術監督、最高と思いました」と称えている。

 豪邸の広さは敷地面積が約550坪となり、ポン監督が振り返る通り「誰もがイメージしそうな豪邸」を再現。ストーリー展開以外にも、さまざまなこだわりが隠れたセットにも注目だ。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。