「ジョン・ウィック」の前日譚ドラマ『The Continental』は1970年代が舞台 キアヌ・リーヴスは登場せず、エグゼクティブプロデューサーとして交渉中(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

映画「ジョン・ウィック」シリーズのスピンオフドラマ『The Continental(原題)』について新たな情報が明らかになった。舞台は映画の40年前で、キアヌ・リーヴスは登場しないという。
Lionsgate Televisionの会長であるケヴィン・ベッグスがDeadlineに対し、本作では1970年代のニューヨークを舞台に、イアン・マクシェーンが演じたウィンストンの若かりし頃に焦点を当てると語った。
「『The Continental』では、若い頃のウィンストンと仲間たちが、映画に登場したあのホテルにどうやって辿り着くのかを描きます」とベッグスは述べた。
マクシェーンは以前、本作には登場しないと明かしていたが、声だけで出演する可能性がある。

「The Continental(原題)」画像・動画ギャラリー

「ジョン・ウィック」3部作のなかで重要な場所となっているコンチネンタルホテルは、敷地内では人を殺してはいけないというルールがある暗殺者のホテルだ。しかし、1歩外に出ればルールなど存在しない。
スタジオは多くの売り込みを受けたが、そのなかで勝ち残ったのは、「YouTubeで配信されたあまり広く知られていないドラマ『Wayne(原題)』」のクリエイティブチームによるものだ。それは「多くの問題」を解決し、さらには『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』も参考にしていたためにベッグスは感心したという。
本作は「1970年代の崩壊したニューヨークが舞台です。ゴミ収集作業員によるストライキで街はゴミだらけになっていて、マフィアはそのゴミ収集業界に入り込んでいます。だから『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』でマフィアの主人公が衛生業界に入り込んでいたんです。実際の要素を興味深い背景にして、コンチネンタルホテルの起源を描きます」とベッグスは述べた。

さらに、シーズン1は「基本的に90分のエピソード3本からなるリミテッドシリーズのようなものになります」という。
本作のストーリーでは「映画以前、さらにはジョン・ウィックの若い頃よりも昔」のことを描いており、「彼がこのユニバースに入ってくる」ことはないとのことで、キアヌ・リーヴスの登場を期待していたファンはガッカリしたかもしれない。しかし、リーヴスは本作のエグゼクティブプロデューサーとして交渉中だ。
「ジョン・ウィック・ユニバースですが、かなり昔の話なんです。『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚を考えてみてください。登場キャラクターを誰も知らない段階でも、世界観はわかりますよね。でもキアヌとチャドはすべてのドラフトに目を通していて、このユニバースを有意義な形で広げることに熱心でいてくれました。ですから、どんなことも排除しませんが、今のところ、彼は私たちにとって非常に重要な映画を制作するのにかなり忙しいのです」

映画シリーズのクリエイターであるデレク・コルスタッドが新作に参加しないのは残念だが、「ジョン・ウィック」第4弾、第5弾は2021年に続けて撮影される予定だ。第4弾は2022年5月27日公開予定。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。