「エール」にも出演!俳優・野田洋次郎の魅力(シネマトゥデイ)

出典元:「エール」で弾き語りを披露するシーンも! – (C)NHK

人気ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎がNHKで放送中の連続テレビ小説「エール」に出演する。普段はミュージシャンとして活動しながら過去には映画主演を務めたこともある野田の、俳優としての軌跡を振り返る。

【動画】野田洋次郎主演『トイレのピエタ』予告編

 「エール」は昭和という激動の時代に生き、人々の心に寄り添う曲を二人三脚で生み出し続けた作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・関内音(二階堂ふみ)の物語。野田は、裕一が採用される東京のレコード会社・コロンブスレコードで同期となる作曲家・木枯正人を演じる。ギターを得意とし、行きつけのカフェで弾き語りを披露することもあるキャラクターだ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。