「アダムス・ファミリー」長女ウェンズデーをドラマ化 ティム・バートンが監督(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

Netflixが、「アダムス・ファミリー」の長女ウェンズデーを主人公に描く実写スピンオフドラマ「Wednesday(原題)」をドラマシリーズ化することがわかった。米バラエティによれば、ティム・バートンが監督、制作総指揮を務める。

 1938年に米漫画家チャールズ・アダムスが雑誌の1コマ漫画としてスタートさせた「アダムス・ファミリー」は、お化けのアダムス一家を描いた作品。ひねくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、これまでに何度かテレビシリーズ化されたほか、バリー・ソネンフェルド監督、アンジェリカ・ヒューストン&ラウル・ジュリア主演で「アダムス・ファミリー」(1991)、「アダムス・ファミリー2」(93)として長編映画化され、世界中で大ヒットを記録した。アダムス一家の長女ウェンズデーは、クリスティーナ・リッチが演じたことで有名。また、2019年のアニメ映画版ではクロエ・グレース・モレッツがウェンズデーの声を演じた。

 Netflixの新ドラマ「Wednesday(原題)」は、ネバーモア・アカデミーに通うウェンズデーが特殊能力を磨き、連続殺人事件を阻止しながら、25年前に両親が巻き込まれた超常現象の謎を解こうとする一方で、慣れない学園生活に奮闘する姿を描く。8話構成で米MGM TVが制作、「ヤング・スーパーマン」のアルフレッド・ガフとマイルズ・ミラーが脚本とショーランナーを務め、バートンとともに制作総指揮を手がける。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。