「いとみち」新星・駒井蓮&豊川悦司共演で映画化 メイドカフェで働く津軽弁少女の青春(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイアクセスランキング(エンタメ)雑誌アクセスランキング(エンタメ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

越谷オサムの小説「いとみち」が、モデル・女優の駒井蓮と豊川悦司の共演により映画化されることが11日、明らかになった。青森県・津軽を舞台に、メイドカフェでアルバイトをする内気な女子高生の青春を描く物語で、駒井がヒロインに、豊川がその父親にふんする。監督は、青森市出身で『ウルトラミラクルラブストーリー』『俳優 亀岡拓次』などを手掛けた横浜聡子。9月中旬にクランクインし、青森市・弘前市・板柳町などで撮影を行い、12月の完成を目指す。2021年青森で先行公開したのち、全国公開予定。

【写真】松本潤&上野樹里共演『陽だまりの彼女』

 原作は、2013年に松本潤、上野樹里共演で映画化され大ヒットした「陽だまりの彼女」などで知られる越谷の同名小説。2011年に刊行され、「二の糸」「三の糸」とシリーズ化された。タイトルの“いとみち”とは、三味線を弾くときに指にできる糸道のことで、主人公・相馬いとの名前はそれに由来している。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。